さよのシンプルライフブログ (片付け・収納・家事) - 2014年12月


キッチンやリビングから断捨離しても困らなかったもの、20。


スポンサードリンク


シンプルな収納を目指し難易度を下げるため、ガラクタや不用品の断捨離に専念してきました。
今日はリビング・ダイニング・キッチン内にあって捨ててきたものをまとめてみます。


物を減らすことが、結果的には管理しやすい収納を考える早道になり、時短家事にも繋がりました。
何がそこにあるかダイレクトに見えるからです。


今年最後の更新。
娘が明日、帰省します。 
嬉しいです!


■我が家
 現在は夫婦二人暮らし。
 いろいろなことがあり同居解消、引っ越し3回。
 4LDKの建売住宅に住んでいます。


捨てた物

■キッチン 
 ・食品・キッチン雑貨用の収納庫。(60×45×180)
 ・使わなくなっていた鍋類。
 ・重複しているものや1年以上使っていないと判断できる文具・裁縫道具・工具類等こまごました物。
 ・使いこなせずしまい込んでいたキッチンツール類ごっそり。
 ・空き箱
 ・エコバッグ
 ・ショップ袋はゲンナリするほど多数。
 ・景品・おまけの類。
 ・食器。(何年も使っていないもの等を思い切って)


■リビング 
 ・月刊誌や雑誌、手紙など(ほぼDM)
 ・大小さまざまのカゴ・籠。
 ・三段BOX
 ・古いクッション
 ・古い座布団(カバーも。予備の予備まであった。)
 ・スクラップの数々(読み返すことはなかったです。スクラップした時点で完結していた模様。)


■ダイニング 
 ・お料理本。
 ・PC関係の本。
 ・PTA/自治会関係の名簿・機関紙10数年分。
 ・テーブルクロス
 ・椅子用クッション4枚。
 ・ドライフラワー2個。


2013年捨てたラック


もっとたくさんあったはずなんですが、思い出せるのはこれくらい。
私が片づけられない人間だということを証明するようなものばかりですねぇ。
でも、捨ててもなんら困らないってことがわかっただけでも安心。片付いてきた雰囲気がして嬉しいです。 


こんな私、こんなブログですが、来年もどうぞよろしくお願いします。
ご訪問ありがとうございました。


にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ


書籍を出版いたします。私と同じように片付けで迷ってきた人に読んで頂きたいです。
お知らせ記事はこちらです。

今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ

関連記事
スポンサードリンク

関連記事2
 

上着をちょいと収納する場所を作る◆キッチンカウンター下


スポンサードリンク


カウンター下1


ゴソゴソと室内でも動くことの多いこの時期は、羽織りものを脱いだり着たりして温度調節しています。
同じものばかり着回すようになり、しまう手間もいらなくなりました。
でも、その置き場所がソファーの上だったり椅子の背もたれだったりで邪魔に感じていたため、キッチンカウンターの下に穴をあけネジ型のフックを取り付けました。


我が家の壁には何も飾りがありません。
インテリアのセンスが皆無なのもありますが、だからこそ、穴をあけて失敗することが怖かったんです。
それはカウンターの板であっても同じ。


でも今は、利便性やすっきりさせたい気持ちの方が上回りました。
穴一つあけるのに16年もかかってしまいましたけど、これでよかったんだと思っています。


書籍を出版いたします。私と同じように片付けで迷ってきた人に読んで頂きたいです。
お知らせ記事はこちらです。

今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ

関連記事
スポンサードリンク

関連記事2
 

暖かく優しく、人を癒す家。 


スポンサードリンク



キャンドル


クリスマスとは無縁の日々でしたが、今日は友人の新しいお宅へお邪魔して楽しい時間を過ごしてきました。
その間、何かに包まれているような温もりをずっと感じていました。もう何年も前からそこを知っていたような。
今、とても幸せな気持ちでいます。


家族それぞれがお互いを理解し、思いやり、何が一番大事で何を今すべきかというのをしっかり捉えることが出来ている。
人を癒す家、癒しあう人たち。
家の温もりはそこに住まう人の気持ちに繋がっているんだと、そこにいてあらためて思いました。


私もそんな人になりたい。
そんな家にしたいです。



今年もあと1週間。
年が明けたからといって何も変わらないけれど、そんな時間を与えてくれた友人に感謝しつつ、部屋も頭の中もすっきりさせていきたいと思いました。
今日もご訪問ありがとうございます。


書籍を出版いたします。私と同じように片付けで迷ってきた人に読んで頂きたいです。
お知らせ記事はこちらです。

今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ

関連記事
スポンサードリンク

関連記事2
 

15年分の年賀状の整理と、宛先の絞り込み


スポンサードリンク


平成元年に結婚して以来、年賀状を処分したのは一度きり。
この家を購入した年の12月です。
クリアファイルにざくっと挟み、年代別に箱の奥から前へと並べ入れるやり方。
そして15年が経過しました。


この間、前のを出してきたのは、妹、弟、友人のものぐらい。
それも数年に一度あるかないかです。
その「時々眺めて懐かしむ」ものだけを残し、あとは全て捨てました。


残したものをずらっと並べて、「もう最近は子供の写真も載せなくなってきたね。大きくなったんだよね。」なんて思ってみたり。
昨日までは必要だったものも、今日、この瞬間に価値が変わることもある。


年賀状・残したもの
(残すと決めた妹や友人たちからの年賀状)。


くり返し見るのはその年に届いたものがほとんどで、私はせいぜい三が日中くらい。
自分がそうなのだから、届ける先の人にもそれ以上を望まず、宛先も絞ることにしました。


書籍を出版いたします。私と同じように片付けで迷ってきた人に読んで頂きたいです。
お知らせ記事はこちらです。

今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ

関連記事
スポンサードリンク

関連記事2
 

押入れがスッキリ◆見栄と来客用布団を捨てました。


スポンサードリンク



寒いけれど、粗大ごみ日を迎えたため、来客用の布団を捨ててきました。


場所が空いたことで、普段使いの布団の上げ下ろしにかける時間が短縮されました。
めんどくさいという理由だけで避けていた時間こそ、もったいなかったんですね・・・。
一度では2階から降ろせず、集積所に出すのも恥ずかしかったです。親にも申し訳ない気持ちがあります。けれど、捨てて本当にスッキリしました。


布団は見た目以上にかび臭かったです。
手が辛くなり、毎年一回干すか干さないかになっていました。もとからの私のズボラのせいもあります。


お客様に使ってもらったのは、20年以上前に一度だけです。弟一家が泊まりがけできたのも、もう10年くらい前だと思います。
両親が泊まったのも、この家に来てからは2,3回。いずれにせよ、10年以上は経っています。
子供も大きくなり私も元気になったから、泊まりに来てもらう必要もなくなったんです。もうこちらの番に変わっていてもおかしくないです、助けに行くのは。


CIMG7649.jpg


私は見栄っ張りです。
来客時には、すでにギュウギュウだった押入れだけでなく、脱衣室にまでリビングであふれていた物を隠しました。
馬鹿ですよねぇ。お布団を触っていたら思い出しました。


もしこの先、お布団が必要になったら、ホームセンターで買うか清潔な貸し布団を検討します。場所を空けて、娘の荷物の受け入れに備えておきたいですし。
頭の中を先に片づけていれば、こんなことにはならなかったんだろうなと思うとちょっと切ないです。


昔の物に触れて泣くときがあっても、残りの人生をサクッと考えていきたい。
この年代だからこそ、そう思います。今日もご訪問ありがとうございました。
とっても寒いです。冷えないようにお過ごし下さいね。
 

トラコミュ  押入れ~クローゼットの収納
トラコミュ  50代を考え暮らす
トラコミュ  持っていなくても困らないもの



書籍を出版いたします。私と同じように片付けで迷ってきた人に読んで頂きたいです。
お知らせ記事はこちらです。

今日からだれでも、片づけ上手。 モノ、迷い、重たい気持ちとサヨウナラ

関連記事
スポンサードリンク

関連記事2